~シンスプリントについて~

2017年12月16日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です。
今回はシンスプリントで悩まれてた患者様が来院されましたので、

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎 けいこつかろうせいこつまくえん)について紹介します。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

疾患の特徴

マラソン選手や陸上競技のランナーなど走ることが多いスポーツを行なっている人に特に起こりやすいです。
運動時や運動後に下腿内側に痛みが出現がします。
痛みは骨折した時のような激しい痛みではなく鈍痛なのが特徴である
脛骨過労生骨膜炎とも呼ばれます。

 

症状

症状は走ったりジャンプをすると下腿内側に痛みが出るこの痛みは鈍く響くような痛みです。

酷くなると歩いたり立つだけでも痛みが出たり、運動中ずっと痛みが出るので運動ができないくらいに痛みが強くなることもあります。

症状を放置しておくと疲労骨折へと移行する場合があるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

類似の疾患
  • 下腿静脈瘤
鑑別

下腿静脈瘤との違い:

下腿静脈瘤は血管内部の病気なので気づかないケースも多いですが、歩いている時にズキズキと痛みが出て冷え性などの症状が出現しますが、シンスプリントは下腿内側に鈍く響くような痛みが出ます。

 

一般的な治療と北生駒整骨院でできる治療

一般的には、足を休めることが第1なので基本は安静です。

やむを得ず休むことができない場合は、足を使う前と使ったあと入念なストレッチ、使ったあとストレッチ後、患部を15分ほどアイシングします。
症状が軽くなったからと思いすぐに運動をすると症状が再発します。

北生駒整骨院でできる治療は痛みがどこから来てるか調べるために

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!)
という機械を使うことで、的確な診断をすることができます。

またハイボルト一分間療法は痛みの原因となりうる神経の興奮を押さえたり、筋肉を活性化させることで痛みを軽減させます。その他に筋肉のほぐしやストレッチ、アイシングをしていきます。

他にはアイシングと硬くなった筋肉をほぐしていきます。