~外側上顆炎について~

2017年11月19日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です。

今回は、外側上顆炎について紹介します(^^)

外側上顆炎(がいそくじょうかえん)

疾患の特徴

外側上顆炎とは肘の外側に生じる疼痛運動障害の総称です。

テニス愛好者に生じやすいので「バックハンドテニス肘」と呼ばれています。
テニスの他、卓球やバドミントンなどのスポーツでも生じることがあります。また、スポーツ以外に手作業の継続によって手首を酷使することにより生じることもあります。

 

症状

肘、外側の疼痛・圧痛・熱感、上腕部から手にかけての放散痛、手関節などの脱力感・他動的伸展による疼痛の誘発・増強します。

他にも物をつかんで持ち上げる動作やタオルを絞る動作をしても肘の外側部から前腕にかけて痛みが出現することもあります。

多くの場合は安静時痛はありません。

 

類似の疾患
  • 上腕骨内側上顆炎
  • 胸郭出口症候群

 

鑑別

上腕骨内側上顆炎との違い:

上腕骨内側上顆炎は内側に痛みが出ます。

なので、外側に痛みの出る外側上顆炎とは痛みの部位が違います。

 

胸郭出口症候群との違い:

胸郭出口症候群は鎖骨と肋骨の間にある、

筋肉や血管が締め付けられたり圧迫されることにより、

肩甲骨周辺や上肢・手指にしびれなどが起こる症状です!

 

 

一般的な治療と北生駒整骨院でできる治療

治療法としては使い過ぎにより起こるのでまずは保存療法を行います。

・冷湿布等による冷却

・スポーツ又は手作業の中止と安静

が重要です。

痛みがひいたら、関節などの身体の柔軟性を高めるため、手首や指のストレッチをこまめに行います。

保存療法が無効な場合は手術を行うこともあります。

 

北生駒整骨院でできる治療は痛みがどこから来てるか調べるために

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!)
という機械を使うことで、的確な診断をすることができます。

またハイボルト一分間療法は痛みの原因となりうる神経をブロックしたり、筋肉を活性化させることで痛みを軽減させます。その他に筋肉のほぐしやストレッチ、アイシングをしていきます。