~肘部管症候群について~

2017年10月19日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です(^^)

近頃、朝晩の冷え込みが一層厳しくなり、一日の気温差も激しくなってきました。皆さま、体調など崩さぬよう、充分お気を付けくださいね!

 

これまでに私は

~手根管症候群について~

~腱鞘炎について~

ご紹介してきました。

そして今回は、肘部管症候群について紹介したいと思っています。

 

肘部管症候群

疾患の特徴

肘の内側の肘部管というトンネル

なんらかの原因で圧迫や引き延ばしを受けることにより、

肘部管の内部を通る尺骨神経が圧迫や引き延ばされることにより発症します。

 

症状

症状は神経麻痺の進行により症状が異なります。

初期は小指と薬指の小指側にしびれ感が出ます。

麻痺が進行するにつれて手の筋肉が痩せてきたり小指や薬指の変形が起こりまっすぐ伸びなくなることがあります。

筋肉が低下することにより指を閉じたり運動することが出来なくなり握力も低下します。

 

 

類似の疾患
  • 手根管症候群

肘の痛みが出る疾患として、内側上顆炎や外側上顆炎

 

鑑別

肘部管症候群は肘の内側を軽く叩くと小指にしびれ感や痛みが走ります。手の筋肉がやせ細りがあれば急を要する場合があるので病院や整形外科への受診をオススメします。

手根管症候群は親指から中指、薬指の親指側にしびれが出ます。

内側上顆炎や外側上顆炎の場合
神経の圧迫による症状ではありません!

 

一般的な治療と北生駒整骨院でできる治療

一般的には、肘の安静や消炎鎮痛薬などの保存療法を行います。
症状の進行によっては手術を行うこともあります。

北生駒整骨院では治療と同時に、痛みがどこからきてるかを調べるハイボルテージ
という機械を使うことで、的確な診断をすることができます。

 

またハイボルト一分間療法は痛みの原因となりうる神経をブロックしたり、筋肉を活性化させることで痛みを軽減させます。

~腱鞘炎について~

2017年09月27日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です。
本日は前回の類似の疾患の腱鞘炎について紹介します。

腱鞘炎

疾患の特徴

 

筋肉の力を先端に伝える紐状のもの「腱」といいます。

腱の浮き上がりを抑えるトンネル「腱鞘」といい、

この「腱」と「腱鞘」の間に起きた炎症を腱鞘炎といいます。
起こる部位により呼び方も変わります。

手首ならドケルマン病、指先ならバネ指という呼び方もされます。

症状

 

・初期症状:

指や手を使っている時に不快感を覚えます。
瞬間的に痛みが走りますが、それは一時的なものですぐに痛みが消えていることがあります。
痛いところがあるけれど、それが具体的どこが痛いのかは分からないことが多いです。

・中期:

この場所を押すと痛いという圧痛点が明確になり、痛みや不快感も継続的に起こるようになってきます。日常生活にも支障が出るようになり、多くの場合はこの辺りで腱鞘炎と自覚するでしょう。

・末期:

神経痛が起こったり、血流が悪くなってしまいます。神経が麻痺した状態になり、手術が必要になる場合もあります。

 

類似の疾患
  • 手根管症候群
  • 肘部管症候群

 

鑑別

手根管症候群との違い:

手根管症候群は神経の圧迫により引き起こりますが、腱鞘炎は炎症により起こります。

 

肘部管症候群との違い:

肘部管症候群は小指にしびれが生じますが、腱鞘炎は小指にしびれは生じません

 

 

一般的な治療 と 北生駒整骨院にできる治療 の違い

 

腱鞘炎は使いすぎにより起こることが多いので、基本的には保存療法(安静)が1番です。

ひどい場合は手術になります。

安静が一番とは言え、早く治したい・違和感を取りたい、後々になって悪化するのを防ぎたいと思いませんか?

そんな方はぜひ一度、北生駒整骨院にご相談ください!

 

その道のプロが丁寧な診断をもとに、患者様お一人お一人の症状に合わせて、最善の治療をさせていただきます。

その痛みの原因が一体どこにあるのかを検査するために、

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!)

という機械を使います。

そして、その根本的な原因に直接アプローチすることにより、筋肉の活性化を促し、痛みの原因になっている神経をブロックし、自己治癒力を高めます!
その他に筋肉のほぐしやテーピングもいたします。

 

はじめまして!比嘉です。~手根管症候群について~

2017年09月11日

こんにちは(^^) はじめまして!

今年、沖縄から来ました鍼灸師の比嘉    峻(ひがしゅん)と申します。

これから患者様が健康的な生活を送れるようにサポートしていけたらと思っております。

どうぞよろしくお願いします!

 

本日は、手根管症候群で悩んでいらっしゃる患者様が来院されたので、手根管症候群について紹介させていただきますね。もし同じ症状でお悩みの方に少しでも参考にしていただけたら幸いです。

手根管症候群

疾患の特徴

手根管とは、手首内の腱と神経が通っている管のことです。

手根管症候群とはこの管の中の圧が何らかの原因で上がってしまい

内部を通っている神経を圧迫されて引き起こされる症候群のことです。

 

症状

初期には示指、中指がしびれ、痛みが出ます。

進行していくと、母指(親指)から薬指までしびれ、痛みが出現します。

このしびれや痛みは夜間から就寝時に症状が悪化し、酷くなると明け方に増強し、場合によっては痛みで目覚めるような激痛を伴います。

更に症状が進行すると知覚障害と親指の付け根の筋肉が痩せてしまいOKサインができなくなります。

 

類似の疾患
  • 腱鞘炎
  • 肘部管症候群

 

鑑別

腱鞘炎との違い:

腱鞘炎は炎症により引き起こされますが、手根管症候群は神経の圧迫により起こります。

 

肘部管症候群との違い:

肘部管症候群は小指にしびれが生じますが、手根管症候群は小指にしびれは生じません

 

一般的な治療 と 北生駒整骨院にできる治療 の違い

手根管症候群は基本的に保存療法(安静)が1番です。ひどい場合は手術になります。

しかし年齢と共に直る期間も長引いたり、いつの間にか自然に直ったように思っても、後々になって症状がぶり返したり悪化したりする可能性も低くはありません。

そこで、北生駒整骨院だからできる治療方があります!

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!

という機械を使って、その痛みがどこからきているのか調べます。

 

そして、その根本的な原因に直接アプローチすることにより、筋肉の活性化を促し、痛みの原因になっている神経をブロックし、自己治癒力を高めます!

 

最後に

今日は手根管症候群という症例について、簡単に説明をしてみました。また引き続きブログを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

何か、ご自身のお身体について不安に思うことやお悩みがあれば、

是非一度、北生駒整骨院までお気軽にお問い合わせください!