~石灰沈着性腱板炎について~

2018年04月13日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です。
今回は前回に続き肩の不調の一種である石灰沈着性腱板炎について紹介します。

特徴

疾患の特徴

肩に存在する腱板の内部でリン酸カルシウムが結晶化して沈着したことによって発症する炎症のことです。
このため肩に痛みが出ます。
「石灰沈着性腱板炎」石灰性腱炎」などとも呼ばれます。

 

症状


石灰沈着性腱板炎を発症する多くの患者様は、肩に痛みが突然現れたという症状を訴えます。

特に夜間に激烈な肩関節の痛みで始まることが多いです。

場合によっては痛みで睡眠が妨げられ、肩の可動域が低下し、肩や腕を動かせないこともあります。

 

類似の疾患
  • 長頭腱炎
  • 腱板損傷

 

鑑別

長頭腱炎との違い:

長頭腱炎は炎症が起きることで、挙上時や外旋を行う投球動作等での痛みや夜間痛などを生じます。また肩から上腕にかけて痛みが走ります。

石灰沈着性腱板炎は肩周囲の熱感、発赤、腫脹、激しい痛みが特徴であり、長頭腱炎と似てますが原因が違います。

 

腱板損傷との違い:

腱板損傷は運動痛はありますが、多くの場合は肩を上げたりすることは可能です。
ですが石灰沈着性腱板炎は肩を動かせないこともあります。

 

一般的な治療 と 北生駒整骨院にできる治療 の違い

一般的には急性敵な場合、腱板内で結晶化したリン酸カルシウムがミルク状であるならまず、そこに注射針を刺して吸引して抜き取ります。

その後、患部を固定して安静にします。

 

北生駒整骨院では、一般的な治療で痛みが充分に取れたところで肩への運動療法や温熱療法、指導を行います。

一般的な治療を行ってもまだ痛みが残っている場合は、

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!)

という機械を使い痛みの原因を探ります。

そして、その根本的な原因に直接アプローチすることにより、筋肉の活性化を促し、痛みの原因になっている神経の興奮を押さえ、自己治癒力を高めます!

 

 

~上腕二頭筋長頭腱炎について~

2018年02月24日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です!
今回は肩の不調ということで上腕二頭筋長頭腱炎について紹介します。

特徴

疾患の特徴

上腕二頭筋は上腕の前側にあり腕から肩にかけてつく筋肉でわかりやすく言うと力こぶを作る筋肉です。
「上腕二頭筋長頭腱炎」は、野球やバレーボール、水泳等の同じ動作を繰り返し行うスポーツでよく発症します。中高年では特に運動をしていなくても肩関節周囲炎の一つの症状として現れる場合も少なくありません。
炎症や刺激が繰り返し起こることで、徐々に弱化、変性した結果、断裂に至る場合もあります。

 

症状

長頭腱炎では、炎症が起きることで、

挙上時や外旋を行う投球動作等での痛みや夜間痛などを生じます。

また、肩から上腕にかけて痛みが走ります。

 

 

 

 

類似の疾患
  • 腱板損傷
  • 石灰沈着性腱板炎

 

鑑別

石灰沈着性腱板炎との違い

石灰沈着性腱板炎は肩周囲の熱感、発赤、腫脹、激しい痛みが特徴であり、長頭腱炎と似てますが原因が違います。

 

 

一般的な治療と北生駒整骨院できる治療

基本的には保存療法でアイシングや抗炎症剤などで痛みを抑えます。

北生駒整骨院でできる治療

北生駒整骨院では治療と同時に、痛みがどこからきてるかを調べる

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!)
という機械を使うことで、的確な診断をすることができます。

またハイボルト一分間療法は痛みの原因となりうる神経の興奮を押さえたり、筋肉を活性化させることで痛みを軽減させます。

その他にはアイシングをしたりストレッチをしたりします。

~五十肩について~

2018年01月31日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です!

今回は肩の不調の方が増えてきたので五十肩について紹介します。

五十肩

疾患の特徴

はっきりとした原因は不明です。
肩の痛みと運動制限をきたす疾患を「四十肩・五十肩」と言いますが、正式には「肩関節周囲炎」という疾患群のことで肩関節の周囲で起こる炎症のことである!

 

症状

40代後半から60代にかけて徐々に発症する肩周囲の疼痛と運動制限が起こります。

疼痛は寒冷によって増悪し、また夜間に強くなる傾向があります。

痛みは、肩周囲だけでなく腕や肘まで出てくることもあります。

肩の局所の熱感や発赤、腫れは顕著なものではありません!

もしそうした症状があって、痛みが激しい場合は五十肩より別の症状を疑います。

 

類似の疾患
  • 石灰沈着性腱板炎
  • 腱板損傷
  • 長頭腱炎

 

鑑別

石灰沈着性腱板炎との違い

石灰沈着性腱板炎は肩周囲の熱感、発赤、腫脹、激しい痛みが特徴であり、五十肩ではそこまで顕著に出てきません。

 

長頭腱炎や腱板損傷との違い:

五十肩は発症の早期の段階に拘縮があります長頭腱炎や腱板損傷では見られません

 

 

一般的な治療と北生駒整骨院できる治療

一般的には保存療法としてマッサージ、薬物療法などがあり痛みが強い場合は安静
手術療法もある

北生駒整骨院では治療と同時に、痛みがどこからきてるかを調べる

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!)
という機械を使うことで、的確な診断をすることができます。

またハイボルト一分間療法は痛みの原因となりうる神経の興奮を押さえたり、筋肉を活性化させることで痛みを軽減させます。その他に鍼灸治療や筋肉をほぐしでいきます。

~シンスプリントについて~

2017年12月16日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です。
今回はシンスプリントで悩まれてた患者様が来院されましたので、

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎 けいこつかろうせいこつまくえん)について紹介します。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

疾患の特徴

マラソン選手や陸上競技のランナーなど走ることが多いスポーツを行なっている人に特に起こりやすいです。
運動時や運動後に下腿内側に痛みが出現がします。
痛みは骨折した時のような激しい痛みではなく鈍痛なのが特徴である
脛骨過労生骨膜炎とも呼ばれます。

 

症状

症状は走ったりジャンプをすると下腿内側に痛みが出るこの痛みは鈍く響くような痛みです。

酷くなると歩いたり立つだけでも痛みが出たり、運動中ずっと痛みが出るので運動ができないくらいに痛みが強くなることもあります。

症状を放置しておくと疲労骨折へと移行する場合があるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

類似の疾患
  • 下腿静脈瘤
鑑別

下腿静脈瘤との違い:

下腿静脈瘤は血管内部の病気なので気づかないケースも多いですが、歩いている時にズキズキと痛みが出て冷え性などの症状が出現しますが、シンスプリントは下腿内側に鈍く響くような痛みが出ます。

 

一般的な治療と北生駒整骨院でできる治療

一般的には、足を休めることが第1なので基本は安静です。

やむを得ず休むことができない場合は、足を使う前と使ったあと入念なストレッチ、使ったあとストレッチ後、患部を15分ほどアイシングします。
症状が軽くなったからと思いすぐに運動をすると症状が再発します。

北生駒整骨院でできる治療は痛みがどこから来てるか調べるために

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!)
という機械を使うことで、的確な診断をすることができます。

またハイボルト一分間療法は痛みの原因となりうる神経の興奮を押さえたり、筋肉を活性化させることで痛みを軽減させます。その他に筋肉のほぐしやストレッチ、アイシングをしていきます。

他にはアイシングと硬くなった筋肉をほぐしていきます。

~外側上顆炎について~

2017年11月19日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です。

今回は、外側上顆炎について紹介します(^^)

外側上顆炎(がいそくじょうかえん)

疾患の特徴

外側上顆炎とは肘の外側に生じる疼痛運動障害の総称です。

テニス愛好者に生じやすいので「バックハンドテニス肘」と呼ばれています。
テニスの他、卓球やバドミントンなどのスポーツでも生じることがあります。また、スポーツ以外に手作業の継続によって手首を酷使することにより生じることもあります。

 

症状

肘、外側の疼痛・圧痛・熱感、上腕部から手にかけての放散痛、手関節などの脱力感・他動的伸展による疼痛の誘発・増強します。

他にも物をつかんで持ち上げる動作やタオルを絞る動作をしても肘の外側部から前腕にかけて痛みが出現することもあります。

多くの場合は安静時痛はありません。

 

類似の疾患
  • 上腕骨内側上顆炎
  • 胸郭出口症候群

 

鑑別

上腕骨内側上顆炎との違い:

上腕骨内側上顆炎は内側に痛みが出ます。

なので、外側に痛みの出る外側上顆炎とは痛みの部位が違います。

 

胸郭出口症候群との違い:

胸郭出口症候群は鎖骨と肋骨の間にある、

筋肉や血管が締め付けられたり圧迫されることにより、

肩甲骨周辺や上肢・手指にしびれなどが起こる症状です!

 

 

一般的な治療と北生駒整骨院でできる治療

治療法としては使い過ぎにより起こるのでまずは保存療法を行います。

・冷湿布等による冷却

・スポーツ又は手作業の中止と安静

が重要です。

痛みがひいたら、関節などの身体の柔軟性を高めるため、手首や指のストレッチをこまめに行います。

保存療法が無効な場合は手術を行うこともあります。

 

北生駒整骨院でできる治療は痛みがどこから来てるか調べるために

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!)
という機械を使うことで、的確な診断をすることができます。

またハイボルト一分間療法は痛みの原因となりうる神経の興奮を押さえたり、筋肉を活性化させることで痛みを軽減させます。その他に筋肉のほぐしやストレッチ、アイシングをしていきます。

~肘部管症候群について~

2017年10月19日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です(^^)

近頃、朝晩の冷え込みが一層厳しくなり、一日の気温差も激しくなってきました。皆さま、体調など崩さぬよう、充分お気を付けくださいね!

 

これまでに私は

~手根管症候群について~

~腱鞘炎について~

ご紹介してきました。

そして今回は、肘部管症候群について紹介したいと思っています。

 

肘部管症候群

疾患の特徴

肘の内側の肘部管というトンネル

なんらかの原因で圧迫や引き延ばしを受けることにより、

肘部管の内部を通る尺骨神経が圧迫や引き延ばされることにより発症します。

 

症状

症状は神経麻痺の進行により症状が異なります。

初期は小指と薬指の小指側にしびれ感が出ます。

麻痺が進行するにつれて手の筋肉が痩せてきたり小指や薬指の変形が起こりまっすぐ伸びなくなることがあります。

筋肉が低下することにより指を閉じたり運動することが出来なくなり握力も低下します。

 

 

類似の疾患
  • 手根管症候群

肘の痛みが出る疾患として

  • 内側上顆炎や外側上顆炎

 

鑑別

 

肘部管症候群肘の内側を軽く叩くと小指にしびれ感や痛みが走ります。

手の筋肉がやせ細りがあれば急を要する場合があるので病院や整形外科への受診をオススメします。

手根管症候群との違い:

手根管症候群は親指から中指、薬指の親指側にしびれが出ます。

 

内側上顆炎や外側上顆炎との違い:

内側上顆炎や外側上顆炎のは神経の圧迫による症状ではありません!

 

一般的な治療と北生駒整骨院でできる治療

一般的には、肘の安静や消炎鎮痛薬などの保存療法を行います。
症状の進行によっては手術を行うこともあります。

北生駒整骨院では治療と同時に、痛みがどこからきてるかを調べる

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!)
という機械を使うことで、的確な診断をすることができます。

 

またハイボルト一分間療法は痛みの原因となりうる神経の興奮を押さえたり、筋肉を活性化させることで痛みを軽減させます。その他に筋肉のほぐしやテーピングもいたします。

~腱鞘炎について~

2017年09月27日

こんにちは、北生駒整骨院の比嘉です。
本日は前回の類似の疾患の腱鞘炎について紹介します。

腱鞘炎

疾患の特徴

 

筋肉の力を先端に伝える紐状のもの「腱」といいます。

腱の浮き上がりを抑えるトンネル「腱鞘」といい、

この「腱」と「腱鞘」の間に起きた炎症を腱鞘炎といいます。
起こる部位により呼び方も変わります。

手首ならドケルマン病、指先ならバネ指という呼び方もされます。

症状

 

・初期症状:

指や手を使っている時に不快感を覚えます。
瞬間的に痛みが走りますが、それは一時的なものですぐに痛みが消えていることがあります。
痛いところがあるけれど、それが具体的どこが痛いのかは分からないことが多いです。

・中期:

この場所を押すと痛いという圧痛点が明確になり、痛みや不快感も継続的に起こるようになってきます。日常生活にも支障が出るようになり、多くの場合はこの辺りで腱鞘炎と自覚するでしょう。

・末期:

神経痛が起こったり、血流が悪くなってしまいます。神経が麻痺した状態になり、手術が必要になる場合もあります。

 

類似の疾患
  • 手根管症候群
  • 肘部管症候群

 

鑑別

手根管症候群との違い:

手根管症候群は神経の圧迫により引き起こりますが、腱鞘炎は炎症により起こります。

 

肘部管症候群との違い:

肘部管症候群は小指にしびれが生じますが、腱鞘炎は小指にしびれは生じません

 

 

一般的な治療 と 北生駒整骨院にできる治療 の違い

 

腱鞘炎は使いすぎにより起こることが多いので、基本的には保存療法(安静)が1番です。

ひどい場合は手術になります。

安静が一番とは言え、早く治したい・違和感を取りたい、後々になって悪化するのを防ぎたいと思いませんか?

そんな方はぜひ一度、北生駒整骨院にご相談ください!

 

その道のプロが丁寧な診断をもとに、患者様お一人お一人の症状に合わせて、最善の治療をさせていただきます。

その痛みの原因が一体どこにあるのかを検査するために、

ハイボルテージ(⇐詳しくはこちらをクリック!)

という機械を使います。

そして、その根本的な原因に直接アプローチすることにより、筋肉の活性化を促し、痛みの原因になっている神経の興奮を押さえし、自己治癒力を高めます!
その他に筋肉のほぐしやテーピングもいたします。