骨盤矯正

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 肩・背中・腰が痛い
  • 左右の肩の高さが違う
  • 下腹がポッコリでている
  • 子どもの猫背が気になる
  • 片方の脚がだるい、むくみやすい

骨盤の役割

①歩行時

 

骨盤は、歩くときの足からの衝撃を吸収し
上半身の重さを支えています。

 

②生殖器や内臓を守り、支える

骨盤の中には生殖器や内臓があります。骨盤は生殖器や内臓を守り、下から支えているのです。
この支えるアシストをしている筋肉群がすなわちインナーユニットと呼びます。(コアハウスとも言います)

③座るときに体を支える

座るときは坐骨を支点として支えます。
理想的な座る姿勢は、坐骨の2点で上半身を支えた姿勢です。
足を組んだり、横向きに座ったりすると坐骨の1点で体重を
支えることになり骨盤のゆがみの原因となります。
また、骨盤のゆがみはインナーユニットの協調性を低下させます。

④骨格の中心で上半身を支える役割

立っているとき・座っているとき・歩いているときなど
上半身を起こしているときは、常に上半身を支えなくてはいけません。
骨盤が正しい位置にないと、バランスが取れずに、体重のかかり方が
重心位置や体軸がズレます。

⑤赤ちゃんを守る役割

内臓だけでなく骨盤は赤ちゃんを優しく守る役割も担っています。

他、造血(血を作る)など なんと全身の半分は骨盤でやってるので
とても大事なカラダの部分なので大切にしてあげてください。

一般的な症状

①首・肩・腰の痛み

言わば骨盤は背骨の土台となる人体の要になる場所です。この部分が左右前後に非対称になると、間違いなく全身のバランスが崩れ、首・肩・腰に限らず様々な部分に支障をきたします。

 

②猫背・反り腰

骨盤という人体の土台が崩れると
脊椎のS字カーブ(生理的湾曲といいます)が崩れ、左右の方向だと側弯症と言われるものになります。
(もちろん上記が複合されることも・・・)
これらが正常な範囲から逸脱すると、重心が崩れ、それでもカラダは重力の影響を受けるので、カラダはつじつまを合わすために無理な姿勢をとります。それが異常姿勢【猫背・反り腰】です。

 

 

 

③ぽっこり下腹

一度悪い姿勢をとってみてください。

【猫背や反り腰】下腹がぽっこりしませんか?骨盤の位置異常はインナーマッスル(カラダの中心に近い深い筋肉)の働きを鈍らせ、故に胃や腸などの骨盤の中の内臓が下に集まり、クビレの消失やだらしないお腹を作り出します。

 

 

④下半身太り・足のむくみ

③のとおり骨盤の下側に内臓が集まり出すと骨盤内に走っている
血管【動・静脈】リンパ管などを圧迫します。結果的に
下半身の血流を鈍らせ代謝が上手くできなくなります。
骨盤にはそけいリンパ節があるというのもポイントです。
結果、むくみとして発現します。むくみは脚の見た目を
太くさせるのですらっとしたものより洋梨体系と呼ばれるものに
なりやすいです。

 

⑤月経不順・生理不順

③・④などの原因で子宮が他の臓器に圧迫をうけ、子宮の過剰な前屈や過剰な後屈が出現したり、血流や代謝の低下が絡んでると思われます。
骨盤がゆがむと骨盤神経嚢という神経の集まりの神経のはたらきを低下させ、正常な生理機能を崩してしまいます。
また、骨盤のゆがみから下腹部内での他の内臓器と子宮とのバランスがアンバランスとなり
子宮後屈や子宮前屈といった圧迫状態になります。
この状態が長く続くと生理痛や生理不順となります。

⑥からだのだるさ・疲れやすい

いろいろ考え方はありますが・・・
骨盤の歪みから背骨が歪み、神経の圧迫を受け
内臓神経(自律神経)の働きが低下し肝臓などの
はたらきが低下して疲れが出るなども考えられます。
猫背の姿勢などから呼吸の質が落ちることや
骨盤の歪みからくる筋肉の疲労の蓄積なども
原因として考えられます。

 

⑦便秘・下痢

③④のとおり、骨盤内臓が下に集まり、血流と代謝が低下しますので
結果、小腸・大腸にも影響が出ることも多いです。

 

 

⑧冷え性

冷えるということはすなわち代謝と血流ですね。
③~⑧すべてに言えることですが結局、カラダは

血流と代謝なんですね。
※ちなみに冬場は生理的にカラダの深部(脳や内臓など)
に血液を集めようとしていることも関係しています。
貧乏ゆすりは冷えの解消につながり 3分間続けてると、
ふくらはぎの温度が1度近くあがり

約20分のウォーキングに相当するとか・・・
要するに筋肉を動かすと代謝と血流が上がるということです。

 

③~⑧すべてに言えることですが

結局、カラダは
血流と代謝なんですね。
※ちなみに冬場は生理的にカラダの深部(脳や内臓など)
に血液を集めようとしていることも関係しています。
貧乏ゆすりは冷えの解消につながり 3分間続けてると、
ふくらはぎの温度が1度近くあがり
約20分のウォーキングに相当するとか・・・
要するに筋肉を動かすと代謝と血流が上がるということです。

 

当院にできること・治療法

一般的な施術方法

考案した開発者の数だけ
いろいろな形態やメソッドが存在します。
大きく分けて【施術を受けるタイプ】と自分で行う【セルフケア】があります。

施術を受けるタイプ
  • カイロプラクティック
  • 整体

 

自分で行うセルフケア
  • ストレッチ
  • 体操
  • ヨガ

当院のできること・治療方法

骨盤という部分はカラダの重心があったり大事な内臓や血管、神経が入っているので、非常にデリケートな部分です。

また、歪んだ状態を作ったモノはその人のクセの蓄積なので正常に戻す方法は、施術を受ける方自身のカラダが一番よく知っているのです。あくまでも良い状態に戻す力である

【自然治癒能力】

を引き出してあげるのがメインです。

 

そういう意味でも強く押したり、動かしたりするのはご法度と当院では考えており、非常にソフトな刺激でカラダになじませていくような施術を施します。

 

当院では『痛くない、バキバキ・ボキボキしないプロフェッショナルな施術』と同時に

寝ているだけで楽にインナーマッスルを鍛えることができる【楽トレ】や

深層筋肉の直接働きかけ、痛みの原因を追究し細胞を活性化させる【ハイボルテージ】なども

取り入れています。

 

骨格を支えるために欠かせない筋肉を鍛える【楽トレ】

 

インナーマッスルの筋細胞に活性化を促し働きかける【ハイボルテージ】

これらを併用すれば

なお一層、骨盤矯正をより強固なものにしていきます。

 

 

※当院では産後骨盤矯正も行っています!

産後骨盤矯正